悪臭まで巻き起こす水漏れトラブルの恐怖

水漏れ修理が必要になるのは被害の大きさが関係する

悪臭よりも恐ろしい水漏れの被害

水回りのトラブルはいろいろとあります。しかし、その中でも深刻なのは水漏れのトラブルです。水漏れが起きているのなら、速やかに修理を依頼すべきです。

水漏れが引き起こす被害

床の腐食

水漏れを放置していると、床が腐食してしまう恐れがあります。また、お風呂場の床以外のところでは防水加工がされていないので、水漏れがダイレクトに床のダメージに繋がります。水漏れを放置していると、床から壁にまで腐食が進行する可能性も考えられます。さらに状況が悪化すると、白アリの発生を誘発することもあり得ます。そうなると住宅の構造部分がどんどん食い散らかされて、住宅の強度に深刻な影響が出てしまうのです。そのため、早めに対処しないと、大掛かりな工事になりかねません。

高額の水道代がかかる

水漏れが起きているということは、それだけ水がどんどん流れ出てしまっていることになります。ということは、自分が使っていないにもかかわらず使用している水道量が増えてしまうのです。結果的に水道料金も高くなってしまって、家計を圧迫しかねません。なかには水漏れ部分の水道料金は返還されるケースもあるようです。しかし、例えば水漏れを自覚していたのに、故意に放置をしているなどの家主に過失があると判断された場合には、返金に対応してもらえないかもしれません。

二次被害

水漏れを放置しているとカビが発生しやすくなります。その結果、アレルギー性疾患や肺炎、気管支炎などの呼吸器疾患を発症する恐れがあります。また、水漏れによって、コンセントやプラグに水が染み込んでしまうこともあります。その結果、漏電やショートを引き起こし、故障してしまう可能性も考えられるでしょう。最悪の場合、漏電により可燃性のものが引火して火災を引き起こすこともあり得ます。集合住宅で漏電すれば、自分だけでなく他の住人にも迷惑がかかってしまうことを理解しておきましょう。

このように、水道におけるトラブルは単なる悪臭だけでは済まないこともあります。ですから、水漏れ修理業者に依頼するなど早急に対策を講じましょう。  

TOPボタン