悪臭まで巻き起こす水漏れトラブルの恐怖

悪臭の原因で異なる水漏れ修理の基礎知識

悪臭の種類によって異なる原因

水道からどうも変な臭いがする…という人はいませんか?そんな水道の悪臭の原因と対処法について紹介します。

臭いによって異なる原因

サビくさい
日本の水道水は法律により、塩素消毒を行なっています。このため、水道水にカルキの臭いがついてしまいます。カルキ臭のする水を飲んでも健康面で問題が起きることはありません。しかし、どうしても味が気になって仕方ないというのであれば、一度やかんなどで沸騰してから飲むと、カルキ臭がなくなってまろやかな味に変身するはずです。
カルキくさい
水道管が老朽化すると、錆が水道水に混ざってしまうことがあります。そうなると錆の苦み・悪臭が目立ちます。さび臭いのは最初の時だけで、しばらく水を流していると元に戻ることもあるでしょう。ただし、もしいつまで経っても水が赤茶色く変色していてさび臭ければ、業者に連絡して、給水管の点検をしてもらったほうがいいです。

悪臭問題を解消した人の喜びの声

男性

水道の悪臭問題は、水漏れ修理などの専門業者に依頼すれば解決できる可能性は高いです。実際に利用した人の声をピックアップしてみました。

喜びの声

プロに任せることでスピーディに問題が解決した(30代/女性)

トイレットペーパーを使ってトイレ掃除をしたところ、ペーパーが詰まってしまったようでした。自分で何とかしようとしたのですが、水が逆流しだしたので水漏れ修理業者にお願いすることになりました。連絡をすると現場に急行してくれ、速やかにトラブルを解消してもらえました。業者は24時間営業していたので、深夜で困っていた時には大変助かりました。

時間帯に関係なく対応してもらえるのが心強いです(30代/女性)

トイレで水漏れと悪臭が発生していて、何だろうと思って確認したところ、どうやら排水口から水漏れしていたようです。自分たちでどうにか修理してみようと試みたのですが、どうすることもできませんでした。そこで業者に依頼することになりました。また、初めての水漏れトラブルだったので混乱しましたが、料金も思っていたより安く済んだのでよかったです。それから、スタッフの方がとても親切に対応してくれたので大変助かりました。今後も、もし水漏れトラブルがあった時には、すぐに業者に連絡したいと思います。

TOPボタン